旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ
源助大根の昆布締め

源助大根の昆布締め

「源助大根の昆布締め」レシピ 2人分
源助大根 300g 昆布 適量 大葉 6枚
スダチ 1個 雲丹、イクラの醤油漬け、ローストビーフ、
ブルーチーズ、イカの塩辛、カニのむき身 各適量
食用金箔 適宜
  1. 源助大根は皮をむき、出来るだけ薄い輪切りにする。
  2. 漬物器を用意し、そこに昆布を敷き大根の薄切りを数枚ずつ並べて何層にもサンドしていく。一番上にも昆布をかぶせ圧しをして一晩置く。
  3. 器に大根を半分にたたんで盛り付けていく。
  4. 器に軸を切り落とした大葉を並べ、その上にそれぞれ雲丹、イクラ、ローストビーフ、ブルーチーズ、塩辛、カニをのせていく。
  5. スダチを4等分して添え、あれば食用金箔を飾る。
  6. 食べるときは大根にそれぞれの種を添えいただく。好みでスダチを絞りかけても良いと思う。

漬物器が無ければ重ねた昆布と大根をビニール袋に入れ重いものを上に置いて圧しても良い。この場合冬は室内でも良いが他の季節は冷蔵庫内の方が安心。
使う昆布は金沢では広昆布という昆布締め用の物があるがどんな昆布でも良いと思う。今回は出し昆布を使った。使い終わった昆布は適当な大きさに切って佃煮風に炊くと良いと思う。
添えるものは好みでも良い。梅干や牛のたたき、刺身なども良さそう。昆布に味が付いているので醤油などはあまり必要ないと思う。大根で大葉ごとくるんで食べるのもお勧め。

野菜・果物のミニ知識 ご購入はこちらから

ページの先頭へ戻る