旬の加賀野菜と北陸の地酒を金沢よりお届けする、株式会社柿市商店の「かきいちWEB SHOP」。
加賀野菜を使った郷土料理のレシピも満載。北陸の地酒と一緒に旬の食卓を演出してください。

野菜のミニ知識とレシピ
秋の恵み 能登松茸と季節の野菜の煮物

秋の恵み 能登松茸と季節の野菜の煮物

「秋の恵み 能登松茸と季節の野菜の煮物」レシピ 2人分(1人分 243kcal)食物繊維やビタミンが豊富です
能登松茸(大)2本 里芋(大)2個 鶏ささみ 140g
加賀蓮根 1cm幅の輪切りを4枚 椎茸(大)2個 栗 4個
木の芽 適量 醤油 大さじ1.5 酒・砂糖 各大さじ1
鰹だし(顆粒)小さじ1    
  1. 里芋の皮をむき下茹でします。
  2. 松茸は砂をかんだ石突を削り取り軽く水洗いして食べやすい大きさに切ってください。ここでは大きな松茸だったので縦横に4等分しました。
  3. 椎茸は石突を切り落としますが、軸も硬いようなら切ってください。
  4. 蓮根は皮をむいて水に浸けておきます。
  5. 栗は鬼皮、渋皮ともむいて水に浸けておきます。鬼皮をむくときは下の方の硬い皮から切り落とすとむきやすいと思います。
  6. 鶏ささみは一口大のそぎ切りにしておきます。
  7. (1)、(2)、(3)、(4)を鍋に入れかぶるほどの水を入れ、里芋に竹串がすっと入る程度まで加熱します。10~15分くらいでしょうか。
  8. 里芋が軟らかくなったら(5)の栗と(6)のささみを入れすべての調味料を加えて中火で煮ます。5分ほどですべての素材に火が通ると思います。
  9. 器に盛り付け、最後に木の芽を手ではたいて香りを出し天に飾ります。

野菜・果物のミニ知識

ページの先頭へ戻る