金時草(きんじそう)

kinjiso

みめうるわしき「加賀野菜」「金時草(きんじそう)」

一般名は「水前寺菜」で九州の水前寺で栽培されていたが、現在では金沢が主産地。金時草とは葉裏の金時色(きんときいろ)からついた名前。ぬるりとした食感と美しい色が特徴。酢の物が最高だが、サラダや天ぷら、和え物などもおいしい。最近では佃煮やジャム、ドレッシングなどさまざまな製品も出回っている。

 

kinjiso

「金時草」はインドネシア原産で、日本には18世紀に渡来したと言われています。熊本の水前寺で栽培されていたので、一般的には「水前寺菜」と呼ばれていますが、今ではほとんど金沢でしか栽培されていないようです。 金沢へは藩政時代に農家の人が熊本から持ち帰り、自家用に栽培したのが始めとされています。

kinjiso

金時草はたいへん強い植物でどんなところでも栽培できますが、日陰の場所を好み、一株から取っても取ってもわき芽が伸びて、また収穫できるというありがたい作物でもあります。 「金時草(きんじそう)」という名前の由来は、葉の裏側の「金時色(きんときいろ)」(赤紫色)から来ているようです。茎と葉裏が赤紫色、葉の表は緑色で、色のコントラストも美しい珍しい野菜です。 食べた感じ見た感じでは「つるむらさき」に似ていて、土臭さとぬめりのある、いかにも身体に良さそうな野菜です。栄養学的にはカロチン・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・鉄分などが多いと言われています。

 

「金時草(きんじそう)」は、熱帯アジア原産の野菜ねんて。日本には18世紀に入って来たがやと。熊本の水前寺あたりだけで作られとったもんやさけ、全国的に通っとる名前は「水前寺菜」っちゅうげんといね。ほやけど金沢では誰がなんちゅうたって「金時草」やわいね。ほんな「水前寺菜」なんちゅうたって 誰がわかるかいね。八百屋かって知らんと思うわ。

だいたい今では本家本元の熊本でも、ほとんど作っとらんちゅう話や。なんでも葉の裏かて紫でねぇげぇといね。

金沢にしたかって、ここらじゃもちろん作っとるけど、ちょこっとだけ離れて小松行ったら、もう誰もほんなもん知らんちゅうげぇぞ。私かって驚いたわいね。

金時草ちゅうがは、ものせん強いもんらして、枝折っても折っても脇から芽出てきて、それがまたでこなるげぇと。なんか都合のいい作物やて。それも、山の日陰のとこ好きねんて。「かた変わり」やちゃ。

ほやけど今じゃ一年中採るがに、だいぶ苦労しとるらしいわ。あんまり暑いといい色出んし、もちろん6月が旬の作物やさけ、寒いがやら雪やら苦手ながやわ。

「金時草(きんじそう)」ちゅう名前は、葉の裏の紫色のこと「金時色(きんときいろ)」っても言うやろ?その字の金時から来とるらしいわ。

今6月やろ。金時草の一番おいしい時ねんて。ま、一年中店行きゃ有るけど、旬の時がやっぱ一番やね。葉の勢いとか色、それに大きさかって立派やよ。ほんな冬場のもんと、比べもんにならんて。食べてみまっし。

食べ方知らんて?ほうかも知れんね。誰やったか金時草のこと知らん人、茎ごと茹でて、茎ゃ硬いし、葉はデロデロんなるし、りくつのないもんやてゆうとったもんね。

茎は食べんがやぞ!葉っぱだけちぎって、さっと茹でて、よー水にさらして酢の物にしてたんまっし。他の食べ方するがにしても葉っぱだけやちゃ、つこうが。茎の食べ方知っとったら、誰か教えてたいまん。頼んとこと。

金時草の旬は、6月です。今ではハウス栽培なので1年中出荷されるようになりましたが、やはり本来の旬の時期のものは違います。大きさ・色つや・葉の勢いなど、本当に生き生きした姿で店頭に並びます。ぜひこの時期に食べてください。

旬の時期

6月~9月(一年中栽培)

主な産地

花園・森本地区

効能

夏バテ防止・貧血・イライラ・骨粗鬆症・疲労回復に効果が期待できます。

おいしく食べるには

  • 葉を摘み取り利用します。ゆで過ぎは持ち味のぬめり・色合いを損ないます。
  • 摘み取った葉をさっとゆでて酢の物に、金時草の食べ方の王道です。
  • お浸し・ごま和え・芥醤油・マヨネーズで食べたり白和えにしてもおもしろい。
  • サラダ・天ぷら・煮物の付け合わせ・みそ汁の具にしてもgood!
  • 色合いを生かしたゼリーやシャーベットも美しい。

 

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel