さつまいも

satsumaimo

秋の「加賀野菜」といえば、さつまいも心も体も暖まります。

元禄時代に薩摩の国から種芋を持ち帰り栽培が始まったという歴史の古い「加賀野菜」。美しい外見と豊富な栄養価が魅力。ふかし芋、天ぷら、お菓子の材料などにてきしています。

satsumaimo

さつまいもは将軍吉宗の時代に蘭学者(らんがくしゃ)の青木昆陽(あおきこんよう)によって普及させられて以来、飢えに苦しむ多くの人の命をつないできました。

さつまいもの歴史は古く、元禄時代に薩摩の国から種芋を持ち帰ったのが始まりとされています。

土壌を選ばず,病害虫にも強く、暑さや乾燥にも強いところから栽培が容易。しかも収量が高いというすぐれもので砂丘地にぴったりあった作物として、石川県では五郎島や栗崎地区に定着し、栽培されています。

また、意外に低カロリーで食物繊維やビタミンCも多く、しかもそのビタミンCは、加熱によって壊れにくい構造になっています。

 

秋の加賀野菜の代表てゆうたら、まず最初がこの「五郎島金時」かな。

ほんでも、私もそやってんけど、さつまいもなんかどれも一緒やとおもとらんけ?実はそうでもないらしいげんちゃ。私らにしたらさつまいもちゅうたら、ほとんど「五郎島金時」しか見とらんようなもんやがいね。ほやし、こんなんやとおもとってんけど、「五郎島金時」は品質もいいし、見た目もきれいで、味かっていいげんといね。うちの社長がそうゆうとったわ。

さつまいもは江戸時代の八代将軍吉宗公のときに、蘭学者の青木昆陽さんが広めたもんらしいげんけど、そんな時から腹へった人らや、飢え死にしそうな人を助けてきてんて。

江戸時代だけでないげんよ。戦争の時かってみんな食べたんやちゃ。米がのうなっても、芋ならはよ育つもんね。ほやしそんな時子供やった人ら、「さつまいもだけはもう食べたない。」てゆうとる人多いげんろね。人ちゅうのは勝手なもんやわいね。

「五郎島金時」のいいとこは味だけでなーて、土も選ばんし、虫ゃら暑さやら乾燥にも強いし、石川県の主要な産地の粟崎やら五郎島なんかにぴったりやってんろね。それにあんた、結構たくさん採れる品種ねんといね。けっこなこっちゃがいね。

ほんで、もひとついいがわ、人さんがおもとるほど太る食べもんじゃないちゅうこっちゃ。いいこと言えば、食物繊維やらビタミンCもおおて、そのビタミンCも料理しても減りにくうなっとれんと。りくつなもんやがいね。せっかくやし食べまっして。

なんか、こんなんゆうとったら、私のほうが「五郎島金時」食べとうなってきたわ。外側きれーな赤紫で中は黄色ーなっとるホクホクの焼き芋。ちょびっとこげとって、いいかざのするやつ。

ほんなまた。今から買いに行ってくっさかいに。

「栗よりうまい十三里」とは、さつまいもの産地である川越に評判の焼き芋屋があり、川越が江戸から十三里半の距離にあったところから、さつまいもが十三里と呼ばれるようになったそうです。焼き芋やふかし芋は皮ごと食べると皮の部分に胸やけを抑える作用があるのでよいそうです。皮ごと食べれば食物繊維もたっぷりとれて二重丸。

旬の時期

8月中旬~5月下旬

主な産地

五郎島・粟崎・大野・大徳地区

効能

セルロースやヤラピンなどの食物繊維が大腸がん・便秘・高血圧・高脂血症・動脈硬化に威力を発揮。
ビタミンCが風邪・ストレス・肌荒れなどに効果があるので女性にはぴったりの食品です。

おいしく食べるには

  • 変色しやすいので切ったら水につける。
  • 皮を厚くむくと変色をおさえられる。皮はきんぴらやから揚げにするとgood!。
  • さつもいもの中に含まれる酵素が50~60℃で加熱された場合一番よく働くので、この温度帯でじっくり加熱すると甘くておいしいさつまいも料理ができる。(電子レンジで加熱すると甘みは薄く仕上がります)
  • レモンやオレンジジュースで煮ると色がきれいに仕上がります。

 

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel