白菜

冬になるとグッとおいしくなる「白菜」 は鍋の友

hakusai

白菜には現在150種程の品種がありますが、漬物にした時においしそうに見える黄芯系が主流になっています。

この品種は柔らかく甘みも強いのですが、煮溶けやすい特徴があり長時間の煮込み料理には向きません。

霜にあたると繊維が柔らかくなり風味も増すので、冬においしい野菜の代表選手といえるでしょう。

100gで12kcalと低カロリーで食物繊維も多いところから、カロリー制限のある人やダイエットにも最適です。

白菜は中国原産の野菜で、日本で食べられるようになったきっかけは、戦争で中国に出兵させらえrた農村青年たちがそのおいしさを知り栽培を始めたことからです。鍋物、漬物、炒めもの、汁物、サラダロール白菜、和え物やお浸し、キムチなど以外に利用範囲の広い白菜。またキムチの酸っぱくなったものはキムチ鍋や炒めものに使うといっそう旨いとか。白菜君こう見えてもなかなかのやり手です。

効用

風邪・美肌・整腸・便秘・利尿・解熱・高血圧などに効果があり、冬場のビタミンC供給源としても有効です。

かしこい保存方法

  • 新聞紙にくるんで冷暗所に立てておけば冬場は3~4週間もちます。寝かせると重みで葉が痛むので必ず立てておきましょう、新聞紙が湿ってきたら取り替えてください。

 

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel