すいか

砂漠生まれの真夏の果物すいかで夏バテをぶっとばそう

suika

すいかの原産地は南アフリカのカラハリ砂漠とする説が有力で、果物としてより種を食用としたり、砂漠地帯での飲料として利用されてきました。

すいかの91%は水分で、夏の暑い盛りに体を冷やしてくれますし、速やかにエネルギーにかわる糖分が夏バテに威力を発揮します。また、利尿作用が強いことも有名で、昔から腎臓病の民間薬として利用されてきました。

ジュースやシャーベット、パンチなんかもおいしいし、厚い皮は漬け物にしたり日焼けした肌のパックにも使えます。

効用

腎臓病・夏バテ・高血圧・心臓病・膀胱炎・むくみ・ガン・解熱・美肌などに効果があるとされています。

おいしく食べるには

  • 冷やすことにより食感が良くなり甘みも増す、これはすいかの甘み成分の果糖が冷やすと甘くなる性質があるため。
  • 甘みの少ない物は、好みの形にカットしてブランデーなどの洋酒と砂糖少々をふりかけるとしゃれたデザートになる。

 

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel