すもも

さわやかな初夏の味「すもも」豊富な品種と手ごろな価格が嬉しいですね

sumomo_santaroza

すももは「日本すもも」「西洋すもも」「アメリカすもも」の3つの系統に別れます。現在日本の店頭で見られるすももの多くは、日本すももをアメリカで品種改良したものでいわゆる逆輸入。里帰りしたすももはプラムと名を変え、味も姿もちょっぴりおしゃれでおいしくなりました。 そうそう、ドライフルーツや健康食品で有名な「プルーン」もプラム(西洋すもも)の仲間です。一つの品種の名前ではなく、種付きのままドライフルーツにできる品種のものがプルーンと呼ばれているようですが、中には生果をプラムと呼び同じ品種がドライフルーツになるとプルーンと呼ばれているものもあるようです。

すもも類は生食することがほとんどですが、ペクチンが多いのでジャムやゼリーにも向いています。ドライフルーツや砂糖漬け、果実酒などに利用することもできます。プラムは実そのものより皮の方が、栄養的な価値は高い果物です。また果肉も皮の近くの方が甘いので、皮ごと食べられる方はトライしてください。

効用

高血圧予防・食欲増進・疲労回復・便秘・肝機能改善・二日酔い・貧血(ドライプルーン)などに効果があります。

すもも いろいろ

sumomo_santaroza

【サンタローザ】鮮やかな紅色の果皮と甘みの強い黄金色の果肉、良い香りを持つプラムです。

sumomo_white

【ホワイトプラム】果皮果肉とも白黄色。肉質が柔らかく多汁で酸味が少なく甘いプラムです。

sumomo_soludamu

【ソルダム】果皮は薄緑に紅色をひとはけしたような感じ、これは濃紅色の果肉の色が透けて見えるためで、ジューシーで甘さと酸味のバランスがよく、おいしいプラムです。

sumomo_ohishi

【大石早生】アメリカで改良されたフォーモーサという品種をもとに大石氏が作り出した品種。鮮紅色の果皮に黄色の果肉、酸味が少なく甘味の強いプラムです。

sumomo_beauty

【ビューティ】果皮は鮮紅色、果肉は白色でやや酸味が強いプラムです。

sumomo_pulurn

【サンプルーン】青紫色の果皮に緑色の果肉、程よい甘さと酸味、歯触りの良い締まった果肉が特徴で、果肉が種から離れやすいのも良いところです。

 

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel