能登松茸の治部煮風煮物 「大江山の純米大吟醸 百万石乃白」に合わせて作りました

IMG_9057

 

 能登松茸の治部煮風煮物

材料 2人分

  松茸 1本  鴨肉 100g  大黒しめじ 70g  生麩 70g  三つ葉 (葉先)適量

 

     調味料(水 2カップ  酒 大さじ2  醤油 大さじ2  砂糖 大さじ1  鰹だしの素 小さじ1 )

 

  片栗粉 大さじ1

 

 

松茸は泥を噛んだ石突部分を削り落とし、さっと水洗いし、傘と足に分け縦2等分する。

 

シメジも石突部分を削り縦半分にしておく。

 

鴨は4切れに切り、生麩も4つに切る。

 

三つ葉は葉先部分だけ摘み取っておく。

 

鍋に水を入れ沸かし、すべての調味料を加え、片栗粉をまぶした鴨肉を加え火を通す。

 

鴨に8割り方火を通したらいったんさらに取り出す。

 

鍋に松茸とシメジを加え15分ほどとろ火で煮た後、生麩も加え軟らかくなったら鴨肉も戻して温める。

 

器に盛り付け、煮汁を回しかけた後三つ葉を天に盛る。

 

 

【調理のポイント】

 

鴨肉は加熱しすぎるとおいしくなくなるので注意。

 

生麩は軟らかくなったら良し。加熱しすぎるとぶかぶかになって味が落ちる。

 

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はこちら

matsutake

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel