地野菜の天ぷら この料理は竹葉さんの「しぼりたて生原酒」に合わせて作りました

IMG_9223

 

 地野菜の天ぷら

材料 2人分

 

松茸 2本  五郎島金時 2切れ  加賀蓮根 2切れ  甘えび 4

 

金時草 6枚  てんぷら粉 1/2カップ  揚げ油 適量  

 

  好みの塩又は天つゆ 適量

 

 

 

松茸は泥を噛んだ石突を削り落とし、汚れを水でさっと洗いキッチンペーパーで拭く。その後食べやすい大きさに切る。ここでは嵩と軸を切り落とし、傘は半分にして軸は太いものは縦半分に割り、細長いものは二つに切り分けた。

 

金時草は軸から葉を摘み取る。今回は6枚使う。

 

蓮根は皮をむき、厚さ1cm弱に切る。さつま芋は皮つきで同じように切り分ける。

 

甘えびは目玉から先を切り落とす。

 

てんぷら粉を同量よりやや少なめの水で溶き、170に熱した油で順に揚げていく。さつま芋はほんのりきつね色になれば揚がっているし、レンコンはもっと早く揚がる。金時草は衣をつけ、揚げ油に投入し、葉がしっかり固まれば裏返して泡が収まれば揚げ上り。

 

松茸の傘の部分は若干長めに返しながら揚げる。甘えびは揚げている最中に油が跳ねやすいので要注意。衣が不足すれば追加してください。粉と水の割合は同割よりやや水が少な目です。

 

揚がったものから引き揚げ、次に新聞紙に移動させるとさらに油が切れる。

 

器に敷き紙を敷き、天ぷらを盛りつける。

 

熱々を塩または天つゆでいただく。美味しい日本酒があればなお良し。

 

 

 

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はこちら

satsumaimo

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel