生筍とタコのオイスターソース炒め 桜風味

 

IMG_9960

生筍とタコの

オイスターソース炒め 

 

材料 4人分

 

生筍(あく抜きしたもの) 2本  タコの足(刺身用) 1本  新玉ねぎ 1

 

ソラマメ 6本  フルーツトマト(中) 2個  桜の花の塩漬け 花8つほど

 

炒め油 大さじ1/2  オイスターソース 大さじ2  揚げ油 適量

 

桜の花の塩漬けの塩を荒い落し、水につけて塩抜きした後キッチンペーパーで水けを取っておく。

生筍は茹でてあく抜きしたものを使う。半分に割り姫皮を外し表面を竹串などでこすってきれいにしてから水洗いする。

縦半割にされた筍をさらに縦半分に切りそのくし形を34個の長めの乱切りにする。

姫皮は軟らかい部分を4mm幅ほどに切って金ザルにばらして広げ、170℃ほどの揚油でからりと揚げ、キッチンペーパなどで油を切っておく。

新玉ねぎは根元をくりぬき、先端を落として皮をむき半分に割った後1cm弱の幅に切り分けて1枚ずつほぐしてばらしておく。

タコの足は5mmほどの厚さのそぎ切りにしておく。

フルーツトマトはヘタを取って水洗いし、4等分してヘタの付け根を切り落とし器に盛り付けておく。

ソラマメはさやから出して熱湯で3分ほど茹で、さらに豆の皮をむいておく。

中華鍋かフライパンに油を熱し新玉ねぎを炒める。全体に油が回り少し透明感が出てきたらタコと乱切りにした筍を加え炒め合わせオイスターソースで味付けする。

器に炒めものを盛り付け、ソラマメを散らして戻した桜の塩漬けも全体に散らす。

最後にあげた姫皮をトッピングする。

おいしい日本酒といただく。

 

 

「今月の食卓」で使用した加賀野菜と地酒はこちら

takenoko

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel