石川の地酒一覧

今月のおすすめ

※季節限定品【獅子の里】夏純米 オリゼー

IMG_8469

原料米

麹米/広島県産 八反錦 掛米/石川県産 石川門

精米歩合

65%

日本酒度

+7.0

容量

 

蔵元

〈松浦酒造有限会社〉石川県加賀市山中温泉富士見町オ50

アルコール度

15度

アミノ酸度

1.1

酸度

1.8

価格

1.8L:2,970円 720ML:1,540円

その他

 

※本数限定品【天狗舞】超辛 純米酒

IMG_8475

原料米

国産米

精米歩合

60%

日本酒度

+11

容量

 

蔵元

<株式会社車多酒造>白山市坊丸町60-1

アルコール度

16度

アミノ酸度

 

酸度

1.9

価格

1.8L:2,640円 720ML:1,320円

その他

 

※季節限定・本数限定品【天狗舞】「涼吟」純米大吟醸

IMG_8473

原料米

米・米麹

精米歩合

50%

日本酒度

+2.0

容量

 

蔵元

〈株式会社車多酒造〉石川県白山市坊丸町60-1

アルコール度

16度

アミノ酸度

 

酸度

1.5

価格

1.8L:3,740円 720ML:1,870円

その他

 

※季節限定品【竹葉】冷美酒(クールビシュ) 純米酒

IMG_0151

原料米

石川県産 石川門

精米歩合

55%

日本酒度

 

容量

 

蔵元

<数馬酒造株式会社>石川県鳳珠郡能登町宇出津ヘ36

アルコール度

16度

アミノ酸度

 

酸度

 

価格

1.8L:3,300円 720ML:1,650円

その他

 

※季節・数量限定品【加賀ノ月】虹 純米大吟醸 袋しぼり無濾過生

IMG_0150

原料米

兵庫県産 白鶴錦

精米歩合

50%

日本酒度

+2.5

容量

 

蔵元

<株式会社加越>石川県小松市今江町9-605

アルコール度

17度

アミノ酸度

 

酸度

1.7

価格

720ML:1,980円

その他

 

【加賀ノ月】令和2年 金沢国税局酒類鑑評会『金沢酵母吟醸の部』優等賞受賞酒

IMG_0148

原料米

兵庫県産 山田錦

精米歩合

38%

日本酒度

 

容量

 

蔵元

〈株式会社加越〉石川県小松市今江町9-605

アルコール度

17度

アミノ酸度

 

酸度

1.2

価格

500ML:3,300円

その他

 

【加賀ノ月】令和2年 金沢国税局酒類鑑評会『吟醸の部』優等賞受賞酒

IMG_0132

原料米

兵庫県産 山田錦

精米歩合

38%

日本酒度

+2.5

容量

 

蔵元

〈株式会社加越〉石川県小松市今江町9-605

アルコール度

17度

アミノ酸度

 

酸度

1.4

価格

500ML:3,300円

その他

 

※季節限定品【加賀鳶】夏 純米 生

IMG_0154

原料米

五百万石

精米歩合

65%

日本酒度

+7.0

容量

 

蔵元

<株式会社福光屋>石川県金沢市石引2-8-3

アルコール度

17%

アミノ酸度

 

酸度

1.8

価格

1.8L:2,785円 720ML:1,400円

その他

 

キーワードから探す

北陸の取り扱い銘柄一覧

【その他】

酒の失敗談

【酒の失敗談・蛇女か?】

Apr 23, 2021

もう5月...

見渡せば、いたるところに色とりどりの花が咲いていますね

ウチの玄関にも「ハナミズキ」

IMG_5372

毎年どんどん増える「スズラン」

IMG_5370

 

IMG_5374

 

IMG_E5373

白い花が好きらしく、よく見ればウチのは「白」ばかりだなぁ

「アジサイ」の葉もぐんぐん成長して増えています こちらも「白」が咲く予定です

しばらく花でも愛でて、おとなしくしていようと思います

 

さて、今月も『ここ最近入荷のお酒』です

石川のオリジナル酒米「百万石乃白」で醸したお酒の再販も始まっていますので、

そちらの方もぜひご覧ください!

 

【酒の失敗談・蛇女か?】

晩酌しながら見ていたテレビで[きれい好き芸能人][無頓着芸能人]を比較する内容の番組が流れていました。

[きれい好き芸能人]の方はシーツや枕カバーを一週間以内に洗濯するのに対して[無頓着芸能人]の方はいつ洗ったか記憶にないというのがほぼ全員でした。

私はと言うと、どちらでもない。

自分のはこまめに洗うけれど、ダンナのはシーズン替えまで放置プレー。[きれい好き芸能人][無頓着芸能人]達に「信じられない、汚い、あり得ない」と身を縮めるようにして悲鳴を上げています。

(そういえばしばらく洗っていなかった)ふとそう思い寝室へと駆け上がった私は、もちろん自分の分だけシーツと枕カバーを外して洗濯機へとぶち込んだのです。外すことまではしたのですが洗濯したものを取り付けるという作業は酔っ払いにはちょっとハードルが高かった。

「明日付ければいいな。一日ぐらいカバー無しでもいいやろ」そう思ったはずです。

相変わらず飲み過ぎて記憶もほぼないままベッドへとフェードアウトする日々が続いています。一度寝ての真夜中(AM3:00)に辛い辛い一時間のお犬様との散歩を終えて幸せな二度寝し、出勤するため二度目の起床しました。

洗面台を挟んだ鏡に映る自分の顔すらはっきり見えないド近眼です。コンタクトを入れて鏡に映る自分の顔を二度見して肩がギュっと吊り上がりました。

「何?」

片方の顔面がうろこが生えたようにびっちりと四角い凸凹になっています。一瞬にして「楳図かずお」のグロ漫画を思い出しました。詳しい内容までは忘れましたが蛇の祟りで女の子の顔にうろこが生えてどんどん蛇になって死んでいく強烈な内容のもの...。怖っ。怖すぎる。

もう一度鏡にへばりついてよくよく見て気づいたのです。

この模様は...

カバーを外した枕本体がメッシュになっていたことを思い出しました。カバー無しで寝てしまって深く顔面に刻まれた凸凹は、温めたタオルを押し当ててみてもまったく効果なし。悲しいかな年齢とともにこのような痕はなっかなか取れなくなっていきます。こんな顔で出勤してこざかしいU社員などに見られでもしたら大変なことになります。人のことをけなさせたら天下一品、数々の名言を残している毒口男です。

IMG_E5288

[↑この枕が犯人]

(仕方がない。今日は一番大きなマスクで行くしかない)と、あきらめた私です。

蛇の祟りではなかったものの、もしやダンナのご先祖様の祟りではないかとちょびっと思った朝でした。(信じられないかもしれませんが、ダンナに暴言を吐くとあり得ないところから鍋が落ちてきたりします。これマジ。)そろそろシーツ洗いますって。

なんまんだぶ、なんまんだぶ。