今月のおすすめ旬菜と野菜のミニ知識

椎茸の優良品種「のと115」その中でも最上位と認定された「のとてまり」 ド迫力の外観とその味わいを是非ご堪能下さい

椎茸は日本の栽培きのこの代表です。その栽培は江戸初期、1600年代に九州または伊豆の天城山で始まったといわれています。いずれもクヌギの原木に鉈目(なため)を入れ、自然の胞子が付着するのを待つという原始的な方法でした。 昭和の時代になり、椎茸菌を純粋培養した種駒(たねごま)を原木に植え込む方法が考案され、生産量は飛躍的に増大しました。現在では上記の原木栽培のほか、おがくずを使った菌床による生産が増え、むしろこちらのほうが主流になりつつあります。天然の椎茸はナラ類の老朽木や切り株などに生え、春と秋の2回旬があります。栽培ものでもこの時期のものはいっそう味が良いといえます。残念ながら天然ものの椎茸の入荷はほとんどありませんが、原木栽培の椎茸は味・香りとも天然ものに比べてもほとんど遜色がないといわれています。

 

 

野菜のミニ知識

  • 加賀野菜・地野菜
  • 一般野菜
  • 果物

【色が着いている野菜・果物が今が旬の野菜です】

お問い合わせはこちら 営業時間 2:00 ~ 15:00

  • btn_contact
  • btn_tel